ブログ

商品情報2015-05-28

ボタニカル・ダイって?


先日、新作ストールを紹介させていただきましたが、こちらに使用している染色技術「ボタニカル・ダイ」について、
いくつか問い合わせをいただきましたので改めてリンクをご紹介いたします。


化学的な単一の染料と違い、植物が持つ約200の色素が乱反射して生まれる、鮮やかで複雑な色合い。
従来の草木染とは違い変色の心配もありません。

ちなみに、今回のHUISのストールは「クチナシ」と「さくら」の2種類で染めています。
遠州織物×ボタニカルダイのとても贅沢な品です。

糸井重里さんの「ほぼ日刊イトイ新聞」http://www.1101.com/cihontec/の記事から、
一部抜粋させていただきますね。

-------------------------------------------------------—-

・・・しかも、ひとつに見える色のなかに、
じつは、200くらいの
色素が混じっているんです。
化学的な染料では、赤なら赤で、一色ですが、
ボタニカル・ダイは、
黄色、緑、青、ベージュ‥‥、
いろいろな色が入っていて、
それが総合して赤に見えるんです。

おもしろいものなんですよ。
化学的に出した赤と、
ボタニカル・ダイで染めた赤を並べて、
どちらがお好きですかとたずねると、
ほとんどのかたが、
ボタニカル・ダイのほうを選んでくださいます。

「見えない色」が入っているのも
逆説的な言いかたですが、
複雑に見える理由かもしれないですね ・・・

-------------------------------------------------------—-

ぜひリンク先から続きをご覧ください。
「ほぼ日刊イトイ新聞」~ボタニカル・ダイ 古くて新しい染め~
http://www.1101.com/cihontec/

※HUIS公式WEBサイト → HUIS | 遠州織物

カテゴリー

オンラインショップ