ブログ

遠州織物のこと2018-06-18

“素肌感を大切にする、『すっぴん生地』”

繊維産業における技術の革新は、“効率化”です。


効率的な生地生産を目指して織機(しょっき)の改良が進められ、近代の織機で織られている生地は、驚くほど高速で織られます。

しかし、太い糸を低密度で高速に織る生地は、効率化と引き換えに大切な生地の「風合い」を失ってしまいます。重量やごわつきも生まれます。

そのため織機の高速化とともに発展したのが、生地を“お化粧”する技術。柔らかな加工やシワ感のある加工など、生地の風合いを加工で作り出す技術も発展してきました。

対して、旧式の「シャトル織機」で通常の20~30倍もの時間をかけ、細い糸を高密度に織りあげるHUISの生地は、柔らかさやなめらかさ、そして密度の高さから生まれる自然なシワ感が特徴です。
素材そのものを活かした風合いは、洗いをかけても落ちることはなく、むしろ一層風合いが増していく、とびきり丈夫で特別な生地。

“すっぴん勝負”のHUISの生地は、「ありのままの素肌感」を大切にしています。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
高品質な“遠州織物”を使用したシンプルな衣服。
ふくふくとした豊かな生地の風合いを大切に。
HUISweb | www.1-huis.com
HUISonlinestore | http://1-huis.stores.jp/
HUIS instagram | https://www.instagram.com/1_huis
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

カテゴリー

オンラインショップ