ブログ

お知らせ2020-12-31

2020年も、いよいよあとわずかとなりました。

2020年も、いよいよあとわずかとなりました。

目まぐるしく環境が変わる中で、ふだん先々のことを考えていることが常で、立ち止まって振り返る、という機会がなかなかないのですが、大晦日くらいは少しゆっくりと振り返って見たいと思います。

今年も一年、春から数え本当に多くのイベントに出展させていただき、たくさんの方との新たなご縁をいただくことができました。

また、コロナ禍の中で予定の変更もありましたが、立川Rustさん、福岡Combleさんの中にそれぞれ東京ショールーム、福岡ショールームをOPENできたことも大きな一歩となりました。

そして、ありがたいことに今年も全国で新たな取扱店さんが加わってくれました。現在水面下で準備をしていただいていて、年明けから春にかけて新たに取扱がスタートするショップさんもいくつかございます。

それから、緊急事態宣言の中で取り組みをはじめた「インスタライブ」の配信も、定期的に開催させていただきました。産地応援キャンペーンにもたくさんのご賛同・ご協力をいただくことができ、遠州産地へも寄付という形でみなさまの想いをお届けすることができました。

新型コロナウイルスという大きな脅威の中、支えてくださるいろいろな方々のおかげで、HUISは一歩、二歩と前に進むことができた一年でした。

ただ、一年を振り返ってしっかりと向き合って考えるべきは、やはり国内の生産現場のことだと思います。

これまでも何度かお伝えしてきたように、コロナ禍がアパレルの生産現場に与えている被害はあまりにも大きく、紡績・機織り・縫製など、国内の生産現場のすべてに多大な影響を与え続けています。

■“2つの大切なお知らせについて”
https://1-huis.com/all/10679/
詳細については、あらためて上記のブログ記事をご覧いただければと思いますが、事業者さんの倒産や事業転換が相次いでいて、現場における今までのような生産体制が作れ2020なくなってしまいました。

こうした中、HUISの周囲でも生産現場におけるすべての生地について大幅な値上げが発表されました。

様々な関連業者さんの縮小により、資材・原料の手配、業者さん間での生産工程がこれまでのようにいかなくなっていること、また、旧式のシャトル織機を使っていることから、メンテナンスにかかる負担の影響もより大きくのしかかります。

これを受けて、HUISでも来期からの大幅な価格改定が避けられないことになってしまいました。
ただ、生地産地で直接仕入れられることから、最高品質の生地を使いながらも通常のアパレルブランドと比べ価格を大きく抑えられるという強みは、今後も変わりません。

「シャトル織機」で織られた生地はHUISの原点でもあります。
今後いっそう貴重になるであろう「シャトル織機」による生地を、HUISではこの先も使い続けていきたいと考えています。

緊急事態宣言の中で配信させていただいたインスタライブでは、「外に出かけられなくても新しい服を着られるのはやっぱり楽しい」「こんな中でも服のことを考えていられる時間は、幸せな時間」といった声を、お客さまからいただきました。

洋服が好きな人、生地が好きな人にとって、『いい服』が人生にもたらしてくれる価値は無限大だと、私たちは考えています。

一年を振り返りながら今に向き合い、これからのことを考えて。
国内の生地産地のこと、日本のものづくりのこと、来年も関わってくださる皆さんとともに共有しながら、いっそう新しい価値を作っていきたいと思います。
今年も一年、本当にありがとうございました。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
高品質な“遠州織物”を使用したシンプルな衣服。
ふくふくとした豊かな生地の風合いを大切に。
HUISweb www.1-huis.com
HUISonlinestore https://1-huis.stores.jp
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

カテゴリー

オンラインショップ